​慣れ親しんだ味にスパイスを重ねて

ある日、カレーを作りながら、ふとビッグカルダモンの香りを嗅ぐと、鰹節の燻した香りを連想しました。お出汁や醤油、味噌、酒といった慣れ親しんだ食材と、スパイスを合わせたらどうなるのだろう…。「和」と「スパイス」を合わせてみることから、しらべのカレー作りが始まりました。繊細な和食のうま味と、主張が強いスパイスの香り。食材ごとにその相性を探り、10種類のスパイスを調合することで、互いの良さを引き出し合うカレーが仕上がりました。

 

さらり

しいたけのうま味が効いたドライタイプのキーマカレーに海苔や三つ葉、梅や胡麻をのせました。お茶漬けのようにお出汁をかけてさらさらとお召し上がりください。

とろり

丁寧に炊いた鶏の手羽元と大根の煮物をベースに沢山の炒め玉ねぎとスパイスを合わせました。香味オイルで仕上げたスパイシーで濃厚な味わいのカレー。

​ぴりり

牛すじ煮込みをカレーに仕立てたとっても辛いカレーです。 神戸牛すじ肉の濃厚なうま味と九条ねぎの甘みが存分に楽しめます。スパイスは一味・七味など和の薬味も使い10 種類をブレンドしました。辛いものが好きなかたにおすすめです。

​ごろり

辛みスパイスを使わない和風のカレーです。ごろっと大きな豚ばら肉・じゃがいも・にんじんを、やわらかく煮込みました。芳醇なお出汁の香りとお肉や野菜のうま味をしみじみ感じるひと皿。辛いものが苦手なかたやお子様におすすめです。

 
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • グレーYelpのアイコン
 

©2019 watocurryshirabe All Rights Reserved.