©2019 watocurryshirabe All Rights Reserved.

少しためになるスパイスの話【その1】


~少しためになるスパイスの話~

第1回 《コリアンダー》


カレー大好きなしらべのマスターが、スパイスにまつわる話とちょっと変わったスパイスの使い方などをお伝えしていきます。 (毎週水曜日に更新予定です!)


初回はコリアンダーについて。

コリアンダーは、僕が1番好きなスパイスです。

初めて自分でカレーを作ってみようと思い立ち、スパイスショップでいろいろとスパイスを揃え、いざいっせいに香りを嗅いでいくと、コリアンダーの爽快な香りが素晴らしく、他のどのスパイスよりも感動したことを今でも鮮明に覚えています。 好きすぎて、たまにコリアンダーシードをそのままかじって楽しむこともあるぐらい、好きです。


肉や魚、野菜にも合う万能なスパイスで、葉の部分はパクチーです。葉も種も、今ではかなりメジャーなスパイスではないでしょうか。 しらべのカレーにとっても一番重要なスパイスで、すべてのカレーに使用しています。 なので、お店での消費量はとにかく多いです。


コリアンダーはクミンと並び、いわゆる「カレーらしい香り」を構成する重要な役割を持っていると思います。 いろんなスパイスをブレンドして作るカレーももちろん好きですが、コリアンダーメインで、チリペッパー、ターメリックだけで作るカレーも、すごくおいしいです。シンプルだけど奥深い、不思議な力があります。


そんなコリアンダー、意外と和の食材とも相性が良いと、僕は思います。

おすすめの使い方は、味噌と合わせることです。 田楽の味噌にコリアンダーパウダーを混ぜて、茄子や豆腐に塗って焼くと、スパイス田楽に!甘みのある味噌と爽やかなコリアンダーの香りがマッチして、何とも言えないおいしさです。赤出汁にひと振りするのもなかなかおつですし、お醤油とも相性良いので、生姜焼きの仕上げに振りかけるのもいいですね。機会があれば、ぜひお試しを。


しらべのカレーのように、身近な和の食材とスパイスの組み合わせを、これからも提案していけたらと思います。


よろしくお願いします。

69回の閲覧